【ワークマン】売れ筋"旬な"商品ランキングはこちら⇨

薪ストーブメーカー【バーモントキャスティングス】のwiki的基本情報と評判/口コミまとめ

バーモントキャスティングス

薪ストヤ編集部

アメリカを代表する薪ストーブブランドとして世界中で愛されている『バーモントキャスティング』。

ここでは、バーモントキャスティングスの基本情報(価格帯など)と実際に使用されている方達の評判や口コミ、レビューをまとめていますので、ぜひ購入される際には参考にしてみて下さいね。

【薪ストーブメーカー】バーモントキャスティングスのwiki的基本情報

名称 バーモントキャスティングス
製造国 アメリカ
設立日 1975年
創業地 ニューイングランド地方バーモント州
公式サイト(海外) https://www.vermontcastings.com/
サイト(日本代理) https://www.firesidestove.com/
Facebook(海外) -
Facebook(日本) -
Instagram(海外) -
Instagram(日本)
-
Twitter(海外) -
YouTube(海外) Vermont Castings
Pinterest vermont castings
公式LINE -

バーモントキャスティングスの特徴

アメリカ伝統のスタイルに先進の技術が融合

1975年、ニューイングランドの森の国バーモント州で誕生したバーモントキャスティングスは、アメリカを代表するブランドとして世界で愛され、日本でも3万台を超えるストーブがぬくもりを届けてきました。

バーモントキャスティングスの薪ストーブには、アメリカ伝統のスタイルに先進の技術が融合し、妥協を許さない熱き想いと確かな技術が集結しています。

引用:https://www.firesidestove.com/

 

アメリカ北東部、カナダの国境に接し、どこまでも荘厳な山脈グリーンマウンテンに抱かれた美しい森の国、バーモント州。1年のうち9ヶ月間は暖房が必要という厳しい気候条件のもと、薪ストーブは生活の必需品でした。

ニューイングランドの中でも環境保全を尊び、自然と共生しているこの地で、1975年、バーモントキャスティングスは誕生しました。

引用:https://www.firesidestove.com/

 

一切の妥協を許さず、完璧な薪ストーブを自分たちの手で創る。ただそれだけを目指し情熱を燃やす熟練のクラフトマンたちの夢の結晶が、バーモントキャスティングスの薪ストーブです。

美しいデザインを生み出す建築家やデザイナー、燃焼についての研究を長年続け、博士ともいえる優秀な技術者、鋳物の知識・技術で右に出るものはいない鋳物のスペシャリストらの熱い想いが基盤を築いています。

伝統的なスタイルと最新テクノロジーの融合…。未来を見据え、バーモントキャスティングスは常に進化し続けています。

引用:https://www.firesidestove.com/

バーモントキャスティングスの取扱い商品名と価格一覧

主な種類 名称 価格(希望小売価格/税別)
クラシックブラック ¥540,000
レッド ¥650,000
トワイライト ¥590,000
クラシックブラック ¥590,000
レッド ¥730,000
クラシックブラック ¥360,000
クラシックブラック ¥220,000

参照:https://www.firesidestove.com/

アンコール

1986年の誕生以来、ロング&ベストセラーに君臨するバーモントキャスティングスの「顔」。我らがアンコールは、薪ストーブを焚く幸せを存分に与えてくれます。

「焔の劇場」と例えられる美しく繊細な揺らめき。ストーブクッキングを得意とし、暖房と調理の一台二役を高次元で行う機能性。

日本の家にフィットするサイズ感。和、洋、モダン、部屋のスタイルを選ばない外観。エレガントな姿で魅せながらもオーブン料理もこなす余裕の炉内。

少ない薪で長時間クリーンに燃やすための触媒や、指一本で火力をコントロールできる自動温度調節など、バーモントキャスティングスが培ったテクノロジーがすべて盛り込まれた永遠の定番です。

ディファイアント

アンコールの優れた性能を大空間で発揮できる大型モデル。

最大クラスのボディで広々とした部屋でもパワフルに暖めます。

古民家の重厚な梁や柱など自然素材とも不思議なくらい相性がよく、威風堂々とした佇まいは家の守り神のごとく。

力強い外観と同様に実力は60cmを超える大きな薪が入り、美しい焔をゆっくりと長い時間かけて楽しめます。

バーモントキャスティングスならではのトップローディング機能で重量のある薪も楽々投入。広い天板や大きな炉内では、ストーブクッキングの醍醐味が存分に味わえます。

「決して信念を曲げない…」かつてアメリカで一世を風靡し、薪ストーブ新時代の幕開けを飾った初代の名を受け継ぐ重鎮です。

イントレピッドⅡ

書斎やアトリエでパチパチ薪がはぜる音を聞きながら趣味の世界に興じる、ダイニングキッチンで食事をしながら団らんのひと時を過ごす…。そんな空間に寄り添うコンパクトな設計。比較的小さな家やワンルーム、プライベートルームなどを快適に暖めます。

上級機譲りの優れた機能が凝縮され、「小型ながらも高性能」が特徴。ストーブトップや炉内の料理も上手にこなします。優美な外観に華を添えるのが両サイドに施されたシェルと格子のレリーフ。デザイン的な美しさに加えて放熱の面積が増えるため、立ち上がりの良さも抜群。

勇ましさ、勇気などを意味する「イントレピッド」のネーミングにぴったりの頼もしさが光ります。

アスペン

スリムなボックス型、愛らしいサイズ。キッチンや寝室、アトリエや小さな店内などにぴったりなバーモントキャスティングス最小モデル。

「アスペン」はヤマナラシ、ポプラなどの高木、またはその葉が風で小刻みに震える様子を意味します。

コンパクトながら長い薪が入り、奥行きのある構造を生かして焔は手前から奥に向かってゆっくりと移動。面長な窓からは美しいファイヤービューイングが楽しめます。

天板は12インチのダッチオーブンが置ける広さがあり、ストーブトップクッキングも。

サイドに麦の穂のレリーフをあしらった可愛らしい佇まいは、焔のない季節でもホッと和めるくつろぎを与えてくれます。

バーモントキャスティングスの評判/口コミ

【薪ストーブメーカー】バーモントキャスティングスのまとめ

薪ストヤ編集部

1年のうち9ヶ月は暖房が必要な寒さ厳しいバーモンド州で誕生した『バーモントキャスティング』。

熟練のクラフトマンたちの熱い思いと夢をのせて進化を続けながら、人々の生活にぬくもりを届けています。

これからのさらなる進化も楽しみですね!

薪ストーブ専門店:LIFIELD【PR】
 

【プロ厳選!!最強のおすすめ薪ストーブベスト3!】

 
LIFIELDは、島根県東部及び鳥取県西部、大山地方を中心に木材店が運営する薪ストーブ専門店です。

2009年に開業してから約200件以上もの施工を実施し、長年の経験を基に薪ストーブを通して【安らぎ+想い】をご提供されています。

そして、合計5台もの薪ストーブがあるショールームでは、薪ストーブのデモ体験を無料で体験することが可能です。

薪ストーブ体験をしたい場合には、予約が必須ですが、詳しくは下記のLIFIELD詳細ページをご覧下さい。